自転車で杉並区を散策しよう、自然豊かな景色をご紹介!!

東京23区と聞くと都会というイメージが先行してしまいますが、なかには本当に23区かと疑うくらいに自然が豊かな場所や田舎ののんびりした雰囲気の場所も数多く存在します。そんななかから今回は杉並区のお勧めスポットを紹介します。是非自転車でのんびりと散策してはどうでしょうか?

自転車の旅と東京都杉並区

 東京23区と言えば、日本の首都東京であり当然都会のイメージがありますし、実際、渋谷、新宿、池袋の副都心や丸の内等のオフィス街といった都会が広がっている地域はありますが、その一方で西側では23区内とは思えないくらいに自然が豊かな場所やまた田舎の落ち着いた時間が流れる様な雰囲気を感じさせる場所も数多く存在するのも確かです。その中で杉並区は神田川、善福寺川、玉川上水等有名な河川が流れ、また武蔵野三大湧水池のひとつである、善福寺公園を始め、自然豊かな公園が数多くあります。このサイトでは杉並区の自然豊かで趣のある場所を4箇所紹介します。

Aさんの庭

 まずは「Aさんの庭」です。このAさんの庭は、宮崎駿監督の著書「トトロの住む家」で紹介されました。ちなみにAさんとは公園を訪れる人達のことだそうです。小さな公園ではありますが、花々や手押し井戸等、昭和の懐かしい景色があり正にトトロに出てくる五月やメイが父親と引越してきた田舎の自然豊かな雰囲気を感じることが出来ます。私自身がこの「Aさんの庭」を知ったのは、グーグルマップを見ながら「何か堀出し物的な穴場がないか?」と見ていた時にこの「Aさんの庭」を発見し、「このAさんの庭って何だろう?」と調べたのがきっかけです。そしてあの宮崎駿監督が関係していると知って早速行ってみたということです。

入口
裏庭
手押し井戸

ラピュタ阿佐ヶ谷

 次に紹介するのは、ラピュタ阿佐ヶ谷です。昔懐かしい映画を上映する映画館で、館名はもちろん「天空の城ラピュタ」から付けられてますが、建物自体や映画館としてもそのラピュタの世界とは関係ありません。ですが、何となく建物に天空に浮かぶラピュタの遺跡の雰囲気を感じてしまうのは名前のイメージがどうしても先行してしまうからでしょうか?

ラピュタ阿佐ヶ谷(正面)
ラピュタ阿佐ヶ谷(右側)

大田黒公園

 ここまでジブリに関連した場所を紹介してきましたが、次に紹介するのは「大田黒公園」です。音楽評論家の大田黒元雄の自宅を日本庭園として整備し開園しました。園内には休憩室や茶室、大田黒元雄の旧自宅は記念館となっています。当初はこの大田黒元雄がどういった人物か全く知りませんでしたが、自然豊かな場所ということでこの公園に行きました。そして大田黒元雄について知ったということです。自然が好きなことが様々なことを知るきっかけにもなることでもあると思います。

正門
園内
生家
茶室

角川庭園

 最後は「角川庭園」です。日本文学研究者であり角川書店の創立者である「角川源義」の自宅を整備した公園です。園内にある旧自宅は、幻戯山房~すぎなみ詩歌館~として書斎が展示室として様々な俳句等の作品が展示されています。2009年の11月に国の登録有形文化財に登録されました。

幻戯山房~すぎなみ詩歌館~

全体のまとめ

 いかがでしたでしょうか?自然が豊かな場所や魅力的で面白そうな場所ではないでしょうか?杉並区には他にもそのような場所が数多くあります。今回は4箇所紹介しましたが、これらの場所は自転車ならば全ての場所を気軽に散策出来ますし便利です。是非自転車で散策に出掛けてみてはどうでしょうか?

関東各地をサイクリングしよう、おすすめの絶景をご紹介!(2023年版)

インバウンドパッケージで飲食店を活性化しよう、東京は補助金も!!

タイトルとURLをコピーしました